《レーシック情報》どの程度視力が回復するのでしょうか

レーシックというのは、最近の技術向上によってどんどんと安全性が保証されてきています。
視力矯正手術なのですが、角膜を直接治療するということで、なかなか手術に踏み出せない方も多いですが、その安全性はほぼ確立しているのです。 実際にレーシック手術をした後には、早ければ翌日には視力が回復し日常生活をすることが出来るようになります。
しかし人によってその回復力は様々であり、中には数週間経過した後に視力が回復するという例もあるのでご注意ください。
レーシックの手術で、視力がどの程度まで回復をするのか、ということはレーシックの手術を受ける方たちにとっては大変重要なことだと思います。
実際に手術をしてくれる担当医の先生に直接聞いておくようにしましょう。

 

レーシックの手術を受けている人で、大抵裸眼での視力が1.0よりも低い人であり約30%も占めています。
その後メガネもコンタクトレンズも必要無しに快適な生活を送っている事実があります。



《レーシック情報》どの程度視力が回復するのでしょうかブログ:2021/6/13

減量しよう!と一念発起した人の中には、
いきなり水泳とかジョギングといった負荷の重い運動を
始める方もいらっしゃるようです。

確かにこういった運動をやると、汗もかきますし、疲れますから
「減量やってるなあ」
という実感がわくかもしれませんね?

ところが減量というのは、
「1回にどのくらい激しい運動をしたか」ということよりも
「どのくらい継続して運動をしたか」
ということの方が重要だったりするんですよね。

実際、毎日やっていないと、
運動の効果はどんどん少なくなっていくことが証明されています。

例えば、
24時間おきに運動をしていても、
毎日運動をしている人と比べると
その効果は1割減少してしまうそうです。

もし三日おきに運動しているというのなら
その運動における効果というのは
毎日やっている人と比べると
実に半分になってしまうんですって!

1週間に一度しか運動していない場合には、
毎日運動している人と比べると
その効率は、2割にまで減少してしまうという恐ろしいデータも…

ですから、激しい運動をやるというよりも、
簡単にできる運動を、
いかに毎日続けていくことができるか
ということに重点を置くべきなのです。

例えば…
ウォーキングなら、電車通勤をしている人は、
最寄りの駅まで毎日の日課になっているのではありませんか?

確かにウォーキングは、負荷は少ないかもしれませんし、
「運動をやった感」もないかもしれません。

でも、たとえ充実感を得られなかったとしても、
毎日コツコツとやっていくことの方が、
かえって減量には効果的だったりするのです。

減量は、自分のペースでゆっくりとが基本なのです。