《レーシック情報》感染症にかかってしまわない為の配慮

《レーシック情報》感染症にかかってしまわない為の配慮


《レーシック情報》感染症にかかってしまわない為の配慮
感染症というのは、レーシックの手術を実施したことの副作用であったり、拒絶反応というわけではありません。
角膜を切ったその切り口から、何らかの細菌が入り込んでしまったことによって引き起こされることが原因となっています。 「レーシックって失明をしてしまう危険性があるのでは?」と不安を抱えている人もかなり多いかと思います。
絶対に失明はしない!とは言えませんが、日本国内では失明の事例は0件ですので過度な心配は必要ありません。
レーシックでは、手術が終了した後はしばらく目を積極的に清潔に保つことを意識して生活をする必要があります。
レーシックの手術を実施した後の目は、しばらく敏感な状態となっているので、感染症にかかる確率が高くなっているのです。

レーシックの手術を行った後は、手術をした切り口が落ち着くまで意識的に目を清潔にしておきましょう。
感染症にかかってしまった時にはすぐに担当医に相談をするようにしてください。




《レーシック情報》感染症にかかってしまわない為の配慮ブログ:2020/12/14

お子様の脳は
トレーニングやお喋りや睡眠によって、
脳のシナプスを増やすことができるが、
それは常にある一定の限界を伴いながらでしか
脳のシナプスを増やせない。

例えばお子様に早期教育を施した場合、
確かにお子様の知能を高くすることはできるが、
早期教育を受けたお子様たちの中から
天才など1人も出て来ていない。

理由は早すぎる教育が
逆にお子様の脳に負担をかけてしまう…ということも考えられるが、
それと同時に早期教育では、笑いを完全に無視しているからだ。

お子様を笑わせないからこそ、
お子様は脳の限界を突破できないのである。

お子様は笑うと脳が快になり、
脳の限界が突破されるという作用が働く。

解りやすい例を挙げれば、
赤ちゃんは言葉をきちんと喋れる前に笑い出すし、
笑う回数の多い赤ちゃんほど
言葉をちゃんと喋れる日が早くなるのである。

笑うことで脳の限界を突破しているので、
笑えば笑うほど、脳の限界が次々に突破されていって、
お喋りと言う高い知能を要する行為ができるようになる。

なので
育児をしているなら、
お母さんはとにかくお子様を笑わした方がいいのだ。

お子様の笑いの壺はどこにあるか解らないので、
とにかく子供と何度も会話して
笑いの壺を探り当ててしまおう!

お子様の笑いは低レベルなものなので、
その低レベルな笑いでどんどん笑わせていけばいい。

お子様は「ウンコネタ」が大好きなので、
この手のウンコネタを豊富に持っておくことをお勧めする。

男の子の場合は、
このお下劣な笑いを更にお下劣にしてくるので、
「そんな下品なことを言わないの!」とかいって否定するのではなく、
お子様のお下劣な笑いに付き合って、
お子様を笑わしてしまうことが大切なのだ。

《レーシック情報》感染症にかかってしまわない為の配慮

《レーシック情報》感染症にかかってしまわない為の配慮

★メニュー

《レーシック情報》豊富な知識と経験のある医師を選ぶ
《レーシック情報》レーシックで失明をしてしまう可能性
《レーシック情報》手術中に痛みを感じることはほぼ無い
《レーシック情報》レーシックの後遺症は一時的
《レーシック情報》レーシックで遠視の矯正も可能
《レーシック情報》老眼の悩みもレーシックにお任せ
《レーシック情報》レーシック後の効果が安定する期間
《レーシック情報》どの程度視力が回復するのでしょうか
《レーシック情報》感染症にかかってしまわない為の配慮
《レーシック情報》片目だけのレーシック手術も出来る


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)誰もが驚きを隠せないレーシック推進情報