《レーシック情報》感染症にかかってしまわない為の配慮

《レーシック情報》感染症にかかってしまわない為の配慮


《レーシック情報》感染症にかかってしまわない為の配慮
感染症というのは、レーシックの手術を実施したことの副作用であったり、拒絶反応というわけではありません。
角膜を切ったその切り口から、何らかの細菌が入り込んでしまったことによって引き起こされることが原因となっています。 「レーシックって失明をしてしまう危険性があるのでは?」と不安を抱えている人もかなり多いかと思います。
絶対に失明はしない!とは言えませんが、日本国内では失明の事例は0件ですので過度な心配は必要ありません。
レーシックでは、手術が終了した後はしばらく目を積極的に清潔に保つことを意識して生活をする必要があります。
レーシックの手術を実施した後の目は、しばらく敏感な状態となっているので、感染症にかかる確率が高くなっているのです。

レーシックの手術を行った後は、手術をした切り口が落ち着くまで意識的に目を清潔にしておきましょう。
感染症にかかってしまった時にはすぐに担当医に相談をするようにしてください。




《レーシック情報》感染症にかかってしまわない為の配慮ブログ:2020/10/21

読者様はダイエットを始めようと思ったら、
どこから手をつけますか?

たぶん多くの人は、
食べる事を制限するというところから手をつけるような気がします。

確かに食べる事を制限すれば、
体重が増えるのを抑えることができます。

しかし、食べる事制限を
ダイエットの柱にすることは
よくないんじゃないでしょうか?

なぜなら、
「食べる事をしない=ダイエット」
という公式が出来上がってしまうからです。

もっと言うと、
「食べること=罪悪」
という意識につながっていくことも
十分に考えられます。

すると少しでも好きな食べる事をすると、
自分を責め、ダイエットに挫折してしまう場合も目立ってきます。

また
「食べること=罪悪」という意識があまりに強くなっていくと、
「拒食症」に陥ってしまう可能性もあります。

拒食症の人の中には、
ダイエットがきっかけで、
深刻になっていったという人は少なくないのです。

拒食症になると、食べ物を受け付ける
ことができなくなってしまいます。

ですから早く治療を行うことが必要になってきます。

治療をして、拒食症の症状を抑えたからといって、
安心することはできません。

というのも、拒食症の次には
全く逆の症状である「過食症」が襲ってくるリスク
があるからです。

このようなことを続けていれば、
健康な身体を手に入れることはできません。

また、骨粗鬆症という病気が
女性の間で発病することが多いそうですが…

この骨粗鬆症、極端な食べる事制限をしたことによって
発症する場合があるといわれています。

ダイエット以前に、
オレたちは食べる事をすることで栄養分を確保し、生きています。

たとえダイエット中でも
きちんとした食べる事をとることが基本中の基本だと思います。

《レーシック情報》感染症にかかってしまわない為の配慮

《レーシック情報》感染症にかかってしまわない為の配慮

★メニュー

《レーシック情報》豊富な知識と経験のある医師を選ぶ
《レーシック情報》レーシックで失明をしてしまう可能性
《レーシック情報》手術中に痛みを感じることはほぼ無い
《レーシック情報》レーシックの後遺症は一時的
《レーシック情報》レーシックで遠視の矯正も可能
《レーシック情報》老眼の悩みもレーシックにお任せ
《レーシック情報》レーシック後の効果が安定する期間
《レーシック情報》どの程度視力が回復するのでしょうか
《レーシック情報》感染症にかかってしまわない為の配慮
《レーシック情報》片目だけのレーシック手術も出来る


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)誰もが驚きを隠せないレーシック推進情報