《レーシック情報》豊富な知識と経験のある医師を選ぶ

《レーシック情報》豊富な知識と経験のある医師を選ぶ



《レーシック情報》豊富な知識と経験のある医師を選ぶブログ:2017/11/23


減量をするためには、
やはり食生活を見直すということが
優先順位の上位に来るようですね?

やっぱり、食べすぎが原因で、
太ってしまう人って多いんですよね。
僕もそうなんですが…

減量の時に見直すべき食事…
食事の量ももちろんですが、
もう一つ
見落としてはならないポイントがあります。

それは「いつ食事をしたか」です。

同じの量の食事をしたとしても、
食事をした時間帯が違ってくると太り方も違うんですよね。

僕たちの肉体って、
とってもデリケートに作られているんですね。

特に寝る前には食べ物を口に
運ぶことはやめた方がいいでしょう。

寝るだけなので、
カロリーを消費するポイントがなくなってしまいますから、
そのまま食べたものが使われずに残ってしまいます。

就寝直前に摂取した食べ物に対しては
交感神経という神経系が対応するといわれています。

交感神経は、寝る直前に入ってきた
食べ物を脂肪にかえて貯蔵しろという風に
指示するそうなんです。

ですから、
減量にとっては大敵なんです。

もしどうしてもお腹がすいて眠れないという人は、
飲み物で空腹感をごまかしてみましょう。

DHCのダイエットシェイクなどを
飲んでみるのもいいかもしれません。

DHCのダイエットシェイクなら、
低カロリーですから
それほどDHCのダイエットシェイク生活を邪魔するような心配もありません。

しかし一番の理想は寝る前には食べないこと、
これが一番です。

目安としては、眠る2時間程度前からは
食べ物を口にしないことです。









《レーシック情報》豊富な知識と経験のある医師を選ぶ

《レーシック情報》豊富な知識と経験のある医師を選ぶ

★メニュー

《レーシック情報》豊富な知識と経験のある医師を選ぶ
《レーシック情報》レーシックで失明をしてしまう可能性
《レーシック情報》手術中に痛みを感じることはほぼ無い
《レーシック情報》レーシックの後遺症は一時的
《レーシック情報》レーシックで遠視の矯正も可能
《レーシック情報》老眼の悩みもレーシックにお任せ
《レーシック情報》レーシック後の効果が安定する期間
《レーシック情報》どの程度視力が回復するのでしょうか
《レーシック情報》感染症にかかってしまわない為の配慮
《レーシック情報》片目だけのレーシック手術も出来る


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)誰もが驚きを隠せないレーシック推進情報