《レーシック情報》レーシックの後遺症は一時的

レーシックによって視力が再び低下してしまうなどということは極めて稀なこととなります。
もし視力が低下してしまっても、角膜の厚みがまだ十分に残っている状態でしたら、再度レーシックの手術を受けることが出来るのです。 「もしメガネを必要としない日々を送ることが出来たら…」そんな夢のような思いを描いている人もかなり多いかと思います。
その夢を叶えてくれるのが話題のレーシックであり、高い確率で視力を回復することが出来るのです。
レーシックの手術を実施したことによって生じる後遺症として有名なものに、「目が充血する」「目がしみる」というものが挙げられます。
手術直後の一時的なものとなっており、長くても一週間程度で落ち着くものですので、そこまで心配をする必要はありません。

 

視力の低下は、近視の程度が酷いと、可能性が高くなってくる後遺症となります。
なので事前の検査である程度のレーシックのリスクを理解しておきましょう。





社会人サークル 東京はこちらへ
社会人サークル 東京のこと
URL:http://0ffkai.lolipop.jp/ibentoichiran_tokyo.html


《レーシック情報》レーシックの後遺症は一時的ブログ:2021/1/18

我が家の宝物。
それは、一枚の写真です。

おいらが生まれてから五日目、
病院から帰ってきて初めて、
我が家のお風呂に入った時の写真です。

親父に抱かれたおいら、
三歳の兄、七歳の姉貴、九歳の兄、
みんなで湯船につかったカメラ目線で笑っています。
撮ってくれたのは母親です。

おいらがお風呂に入った後、
兄や姉貴が、「私も」「僕も」といって、
次々にお風呂へ入ってきたそうです。

その写真の日から、
おいらのこの家での、
祖母を含めた家族七人の日々が始まったのです。
 
そんな七人家族の我が家で大切にしてきたのは
一緒に食べる事をすることです。

親父も母親も仕事を持っていて、
日々忙しいのですが、料理が大好きで、
休日の夕は二人で台所です。

兄や姉貴が部活動で少々遅い日の夕食も、
模試の日の6時食も、できる限りみんなそろって食べてきました。

みんなで話したいことがたくさんで賑やか、
次に話したい人が手を挙げたり、
途中で突然自分の話をし始めた人を「話泥棒」と呼ぶ言葉が生まれたり、
おいしいごはんを食べながら笑い合ってきました。

13時間にちょっとぐらい嫌なことがあっても
その日の夕食の時間でリセットできたように思います。
 
その後、
三人の兄や姉貴は就職や進学で我が家を離れ、
去年の四月から四人兄弟の中のおいらだけがこの家にいます。

親父も母親も祖母も、
「静かだな」「ごはん作りすぎた」「洗濯物が減ったね」と
何だか寂しそうです。
おいらも何か足りないようなあるべきものがないような…
そんな気持ちです。

一緒にいること。食べること。
家族がつながることの原点はここなのかもしれませんね。

前を見て進んでいく力は、
家族が共有する時間が与えてくれるのではないか…と
おいらは今改めて家族の有り難さを思っています。